巨匠カレ・ランダル先生のレッスン

                          ©️and vision

チャイコフスキーコンクール第4位の巨匠

カレ・ランダル先生

(ドイツ・カールスルーエ音大教授)が

クラヴィ・ハウスのために

特別公開レッスンをして下さった。

代表して、戸塚琉斗君とYちゃんが受講。

 

♪琉斗くん;スクリャービン作曲「ポロネーズ」

「ロシア音楽の哀しみ、解釈、

ポリフォニーの扱いが素晴らしい!」

「メロディーの部分と、

ポロネーズのリズムの部分を

しっかり組織するといいですよ。」

 

♪Yちゃん;ショパン作曲「エオリアのハープ」と

リスト作曲「ため息」

「歌心が自然で美しい!」

ショパン;「右手2の指を意識すると

メロディーと伴奏をうまく弾き分けられますよ。」

リスト;「オーケストラの音をイメージして、

音楽を立体的に響かせるように🎺」

など、貴重なアドバイスをいただいた。

 

素晴らしいお手本に、ため息の連続!✨✨

気品あふれる温厚なお人柄も、大きな魅力💕

 

                          琉斗くん

                         Yちゃん             ©️andvision

 

 

巨匠カレ・ランダル先生のレッスン

Follow me!